節約術

パートするなら社割を重視して生活費削減しよう

近所の大手ドラッグストアでパート勤務をしている。この会社は社割が大きい。15%値引きは、どんな節約にも勝ると思っている。医薬品なら20~30%引き。医薬品だけでなく、菓子・酒・米・肉を含む生鮮食品も一部取り扱っているため、よそのスーパーに買出しに行くのは生鮮を求めて月に数回のみ。

本当にこの会社で働くようになってから生活用品代が大幅に減った。ただ、ドラッグストアには落とし穴がある。化粧品などの高額商品の自腹購入である。幸い、パートは任意参加で強制ではない。その辺をうまくかわし、たまに必要なものだけ協力して、円滑な人間関係の保持に努めるのである。

たとえば、高機能のシャンプーや限定パウダーなど。このような物を購入していては節約など成り立たない。そこは、自腹を切るのではなく売る方に力を入れ、売り上げに貢献できるように尽力する。そして、美容院で染めるよりは安く済む高級白髪染めは定期的に購入して、結果的には節約に結び付けるのである。

パートで働くのなら、自分がよく利用する店でするのが一番の節約になると思う。働き始めのころは、いろいろ目移りして余計なものも買ってしまうこともあり、本末転倒だったが、今では慣れてパート勤めのメリットを最大限享受していると思っている。

Be the First to comment.